リクルートエージェントの外資系転職がおすすめ

MENU

リクルートエージェントの外資系転職がおすすめ

リクルートエージェントといえば

転職のための求人サービスといえばリクルートエージェントを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。リクルートエージェントは転職支援サービスでの実績が豊富で転職成功実績No.1の転職エージェントとしてもしられています。また業界最多の非公開求人をもっており転職を検討しているビジネスパーソンから指示されているエージェントということもできます。
それぞれの利用者のニーズにより細かく対応しようとしており、職種はもちろん勤務地や業界、保有資格などの条件からもより本人に合った転職先を紹介してくれます。全国の主要都市を中心に拠点を構えているため全国レベルでの対応にも定評があります。また中国やアジアでの勤務を希望している方のための有益な情報も提供してくれます。外資系転職を考えている方には、リクルートエージェントは特におすすめです。外資系転職の魅力の一つでもある年収アップについても正面から相談に乗ってくれますし、具体的なキャリアプランを専任のコンサルタントが提案してくれるので安心して任せることができます。転職を希望しているビジネスパーソンは希望転職先が日系企業か外資系企業であるかを問わず、一度相談してみることを強くすすめます。

転職エージェントの特徴

転職エージェントの特徴は年収アップということに大きな力を注いでいるということが大きな特徴です。そのため、外資系転職というのも考えられるでしょう。業態としては最近ではITやweb技術者というものへの需要というものが大きくなっているので、ここに注目していることも特徴の一つといえるかもしれません。他の転職サイトではあまりにも多くの情報を扱いすぎていて、焦点がぼけるということがあったりもします。派遣からアルバイトから正社員からというように多くの情報を扱いすぎているところはかなり多くあります。
ですが、この転職エージェントは転職する動機の多くは給与に対する不満ということを調査によって調べあげ、その給与が転職によってどうなるのかということを前面に押し出したサイトにしているのが特徴的です。そのため、非常に焦点が絞られていてわかりやすくなっています。自分の給与に不満がある、もっと給与をあげたいと考えている人にとっては、とても魅力的なサイトになっているといっていいでしょう。そのため、経験談に関してもどうしてその給与がもらえるようになったのかというような、サイトの利用者が最も知りたいところが分かるようになっています。

外資系企業で働くメリット

外資系企業で働くメリットに最初にあげておきたいのはなんと言っても給与の高さです。もちろんどの外資系企業で働くかや業種によっても給与のばらつきはありますが、日系企業の同業界、同職種の給与と比較すると1割〜2割程度高いといわれています。働き手に要求されているスキルや経験があれば日系企業では考えにくいレベルの給与を得ることも十分に可能です。
また外資系企業で働けば、世界各国から集まる優秀な人材と一緒に仕事を進めることができる場合もあり、仕事を通じての本人のスキルアップをはかる事もチャンスがあるのも大きなメリットの一つです。海外志向のつい良い方であれば社内グローバル交換留学制度や定期的に海外への出向・出張などの機会が期待できるのでおすすめです。
キャリア志向のある女性にも出世のチャンスが広がります。日本ではまだまだ珍しい女性のCEOですが、海外の企業では男女の違いによる、出世の機会は平等に与えられるべきとのコンセプトがあり、とくにヨーロッパでは数多くの女性のリーダーが活躍しています。また服装に関しても自由度が高くビジネスカジュアルでの出社をOKとし、勤務時間についてもフレックスというところも珍しくありません。

外資系企業で働くデメリット

外資系企業で働くデメリットとしては、雇用環境が不安定であることが挙げられます。日本の企業の多くでは以前として終身雇用制が残っているところがあります。しかし、外資系企業では終身雇用制を採用しているところは少なく、むしろ成果主義が導入されていることが多いです。そのため、会社のノルマが達成できないと、簡単に解雇をされてしまう恐れがあります。そのため、外資系に勤めている人は、日本の社会保障制度が合わない面が出てきます。例えば、企業の年金に入っていても、転職をする場合には他の会社へ企業年金の積立てを移せない可能性が起こり得ます。このように外資系企業を何度も転職をする場合には、老後に十分な年金を確保できないリスクが生じるデメリットが出てきます。また、外資系に勤めている場合には、日本の法人が他の会社に買収されるリスクが生じることが挙げられます。日本の法人が他社に買収されてしまうと働く場所が変わったり、人員整理の対象になることが起こり得ます。さらに外資系では突如として日本法人が閉鎖されるケースも出ています。日本法人の業績が低迷している場合には、海外の本社の意向によって日本法人がなくなってしまうことが稀に起こっています。

 

リクルートエージェント以外にもいろいろな外資系転職エージェントはあります。
その他の転職エージェントをみてみたいという方はこちらの外資系に転職を見てみてください。
いろいろな情報を紹介しているので参考になると思います。